習慣の変え方

今回は習慣の変え方の話。

前回の記事→習慣化

今回は、悪い習慣をどうやってやめるかについて。。

習慣をやめるのはものすごく難しい。

やめたい習慣があるのなら、

やめるのではなく、

新しい習慣と入れ替えるということを考える。

その際、同時にはできないことを習慣化すればいい。

例えばタバコなら、タバコを吸いたくなったらガムを噛む。

ガムを噛むこととタバコを吸うことは同時にできないので、

ガムを噛むことを習慣化できれば、タバコをやめることができる。

中には無意識でしている習慣もあるだろう。

たとえば爪を噛むことをやめたい時、

自分でも気づかないうちに爪を噛んでいることもある。

だからどういうときに爪を噛むのかそれに気づくことから始める。

どういう状況で爪を噛むのかわかったら、

今度は、その状況になったら、違う何かをするとあらかじめ決めておく。

この何かとは爪を噛むという行為と同時にできない行為がいい。

ついスマホを見てしまうなら、どういうときにスマホを見るのか、

スマホを見たくなったら、例えば本を読むと決める。

そしてスマホを手に取りそうになったら本を読む。

これを習慣化できれば、

ついスマホをみてしまうことをやめることができているはずだ。

前回話したように習慣化するには66日程度かかるし、

強い習慣なら1年ぐらいを覚悟しておいたほうがいい。

起こる状況を理解した上でその状況に違う習慣を入れ替える。

ストレスが溜まっているとき、心に余裕がないとき

人間は判断力が下がり、習慣に支配されやすい。

自動化された習慣は自分の馴染みの深い場所で起こりやすいので

環境を変えるのもいい方法だ。

<a href=”//www.blogmura.com/ranking.html”><img src=”//www.blogmura.com/img/www103_20.gif” width=”103″ height=”20″ border=”0″ alt=”ブログランキング・にほんブログ村へ” /></a><br /><a href=”//www.blogmura.com/ranking.html”>にほんブログ村</a>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする