やる気スイッチ

関東も梅雨に入り、

なんだかやる気が起きない。

そこでやる気を出すための

対策について考えてみた。

やる気スイッチを自分で強引に押して

やる気を出すようにするには

どうすればいいか?

ちょっと軽めの運動をする。

筋トレでもスクワットでもジャンプでもいいいから

少しやってみると体の血流が良くなり、

脳に血液が行きやすくなる。

姿勢について

猫背は良くない。集中して前のめりになる分にはいいが、

やる気が出ない段階なら、あえて背筋を伸ばしてみる。

こうすることで神経の通りがよくなりだるさが軽減する。

場所について

いつもだらけてる場所で作業しない。

その場所は自分にとってだらける場所になってしまっているから。

机に座っていつも集中できていないなら、

あえて場所を変えて作業してみる。

場所を変え、気分を変えることで悪い習慣を断ち切ろうとする。

最後に一番大事なこと。

作業をスモール化して一つ一つの作業を紙に書き出し、

作業を徹底的に具体化する。

やろうと思っていてもなかなか手につかないのは具体性がないから。

人間は具体性のあるのものごとに意識を引っ張られる。

あれをAmazonで確認しようとか、

あのニュースどうなったっけ?とか、

ラインの返信きたかな?とか、

具体的な行動にすぐ気を取られてしまう。

そうなる前に、

やるべき作業をできるだけ因数分解し、具体化する。

やるべきことがわかっている上に

一つ一つのハードルが低いから

取り掛かりやすくなるはずだ。

まだ他にもあると思うが、

自分の習性を受けいれた上で、

それにどうやって対処するかを考えていくと、

やる気スイッチも見えてくるはずだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする